ごあいさつ

治療(=治す行為)のサポートだけでなく、予防にも目を向けた、
健康を支える企業でありたいと考えています。

協和医療器の根幹である医療事業部の成り立ちと強みの創造

協和医療器は、昭和61年に青森の地で開業いたしました。
開業当初は特別な強みを持たず、御用聞き営業として様々な医療機関に寄り添っておりました。
取り扱い品目も、診療材料などの消耗品から、白衣や手術着に至るまで、
幅広く何でも取り揃えていましたが、価格競争に疲弊してしまうこともありました。
そんな中でも、日々お客様のご要望に応えるべく、夜間の急な対応に際しても、精一杯対応していました。
また、学会などにもマメに足を運び熱心に学ぶことで、医療に対する知識を深めると共に、
新しい情報をいち早く先生方にお届けできるよう努めておりました。
そして、当時、大型機器はメーカー直の納入が通例でしたが、毎日病院に足を運んでいた私たちの元には、
現場の医師たちが感じる機器の使い勝手や要望など、生の声が集まりました。
結果として、メーカーごとの特徴や使い勝手についても把握し、各現場ごとの使われ方や好みも把握していることで、
先生方とメーカーの双方から信頼をいただき、両者の間に入ることがそれぞれの安心に繋がる関係の構築に至りました。
こうした姿勢が弊社の行動規範であり、多くの情報が集まること、お客様との信頼関係が弊社の強みであると言えます。

協和医療器が見据える医療のこれから

近年、患者様が病気について学び、これまでの医師任せであった状況から自分で考え選択するようになってきました。
その中では、「病気になったから治す」だけでなく「病気にならないようにする」ことへのニーズが高まり、
弊社としては、それに寄り添う必要性を感じました。
まだ業界が成熟しているとは言えない健康機器分野。
インターネットの充実により情報が広く行き渡るようになった現在でも、
多くのリアルな情報と新しい動きはやはり東京に集まります。
そのため環境事業部を東京に開設するに至りました。
独自の検査体制も整え、信頼できる機器や情報の普及に努めてまいります。

代表取締役
野里 稗苗

協賛活動

  • スイミングクラブ協会関東支部

    スイミングクラブ協会
    関東支部

  • 横浜 F・マリノス

    横浜 F・マリノス

協和医療器の取り組み

「女性の活躍推進責任者設置企業」として女性の活躍を支援しています。

  • ■女性の活躍推進室を設置します
  • ■女性特有の病気に関する対策支援を行います
  • ■女性の採用を積極的に行います
  • ■資格取得を応援します

会社概要・アクセスマップ

本   社

所 在 地 〒039-1114 青森県八戸市北白山台2-1-9
TEL/0178-27-1616
FAX/0178-27-0455
創   業 昭和61年2月5日
資 本 金 1,000万円
役   員 代表取締役 野里 稗苗
専務取締役 小野寺 俊弥
年   商 21億円
従 業 員 33名(平成28年10月末現在)
支社・営業所 東京支社・十和田営業所・弘前営業所・検査センター

本社

東京支社

東京支社

〒104-0031
東京都中央区京橋1-6-12
NS京橋ビル5F
TEL 03-6228-7244
FAX 03-6228-7274

十和田営業所

十和田営業所

〒034-0001
青森県十和田市大字三本木
字北平147-945
TEL 0176-25-2727
FAX 0176-25-2353

弘前営業所

弘前営業所

〒036-8084
青森県弘前市高田5-6-2
TEL 0172-29-2616
FAX 0172-29-2617

検査センター

検査センター

〒350-0822
埼玉県川越市山田1858-1
TEL 049-236-3917
FAX 049-236-3918

沿革

昭和61年02月 (有)協和医療器として創業
昭和63年12月 十和田営業所開設
平成02年07月 資本金800万円とする
平成03年08月 本社現在地へ新築移転
平成04年06月 資本金1,000万円とする
平成04年08月 (株)協和医療器に組織変更 代表取締役に野里稗苗
平成12年02月 弘前営業所開設
平成17年08月 十和田営業所新築移転
平成25年10月 東京支社開設
平成28年10月 検査センター開設

組織図

組織図

お問合せ先

お電話からのお問合せ

0178-27-1616

医療機器部門:本社/平日8:00~17:00
衛生環境部門・一般販売部門:東京/平日9:00~18:00

フォームからのお問合せ

お問合せフォーム

協和医療器は横浜F・マリノスを応援しています